沿革
昭和8年11月 30名による設立発起人会開催
昭和9年4月 業者78名の発起により「川口機械工業組合」を設立(高橋三次郎理事長)
昭和10年10月 工業組合法に基づく「川口機械工業組合」を設立(組合員数129社)
昭和12年8月 「川口鉄工機械工業組合」に改組し、組合会館を現地に建設(組合員数167社)
昭和17年4月 「埼玉県南部機器加工修理工業組合」に名称・目的・地区を変更し、県内業界が統合
  され統制経済体制となる。(組合員数332社)
昭和19年6月 「埼玉県機械器具工業統制組合」として県一本化に統合され「川口地方機器工業会」
  として配給業務を担当、朝香宮殿下の台覧の栄を浴した
  (大泉寛三理事長)(組合員数418社)
昭和20年8月 第2次世界大戦終結と共に統制組合は解体。
昭和22年4月 商工協同組合法にて「川口機械器具工業協同組合」を設立
  (高橋三次郎理事長)(組合員数239社)
昭和24年9月 損害保険代理店業務事業を開始
昭和25年1月 中小企業等協同組合法にて「事業協同組合」に移行
  (岩井半五郎理事長)(組合員数225社)
昭和29年6月 「川口機械工業協同組合」と現名称に改称(高橋三次郎理事長)(組合員数245社)
昭和32年5月 (渡辺勝亀理事長)(組合員数166社)
昭和35年9月 若手経営者および二世による「川口機械工業企業研究会」が発足(組合員数222社)
昭和36年4月 労働災害防止に万全を期すため「災害防止協議会」を設置(小原富蔵理事長)
昭和37年1月 組合機関誌「川機協ニュース」(現 MACHINE MATE NEWS)発刊(組合員数275社)
昭和38年10月 新組合会館建設のため組合会館解体工事着工
昭和39年6月 新組合会館「川口機械センター」完成落成式挙行(鉄筋コンクリート造3階建)
昭和41年11月 (小泉政雄理事長)
昭和43年5月 「労働保険事務組合」開始(組合員数284社)
昭和47年11月 「福祉共済制度事業」開始(岩井尚明理事長)
昭和52年10月  「高速道路通行料金別納割引制度」開始(組合員数333社)
昭和56年9月 住工混在問題解消策として工場集約化事業に着手、県内第1号の高度化制度適用
  「工場アパート」の建設工事着工
昭和57年3月 「工場アパート」竣工、5月落成式挙行
昭和57年10月 出資金の増資を行い1億円となる(組合員数324社)
昭和59年3月 50周年記念誌「五十年のあゆみ」発刊、「組合創立50周年記念式典」挙行
昭和62年6月 (永井政一理事長)
平成元年2月 東南アジア(3カ国)視察団派遣(22名)
平成元年4月 欧州(4カ国) 視察団派遣(26名)
平成3年5月 米国・カナダ視察団派遣(25名)
平成2年6月 「機寿会」発足(組合役員歴任者・65歳以上)
平成2年8月 組合事務所罹災
平成4年5月 欧州(3カ国)視察団派遣(15名)(大熊和雄理事長)(組合員数326社)
平成6年7月 「組合創立60周年記念式典」を挙行
平成7年11月 東南アジア(2カ国)視察団派遣(22名)
平成8年5月 (小嶋隆善理事長)
平成8年6月 組合愛称“マシンメイト”制定
平成12年9月 欧州(2カ国) 視察団派遣(26名)
平成12年12月 「企業研究会創立40周年記念式典」挙行
平成13年4月 「賛助会員制度」発足
平成14年5月 (河村友正理事長)
平成14年12月 新組合会館建設のため地鎮祭挙行
平成15年6月 新組合会館「マシンメイト会館」完成竣工式挙行
平成16年6月 組合創立70周年記念ディナーショー開催
平成18年10月 中国(大連・瀋陽)視察団派遣(33名)(組合員数205社)
平成19年3月 「ものづくりフェアin川口」開催(組合DVD制作)
平成19年10月 「ガソリン共同購買事業」開始
平成21年7月 中小企業緊急雇用安定助成金委託教育訓練事業実施
平成22年12月 「企業研究会創立50周年記念式典」挙行
平成23年11月 ベトナム 視察団派遣(22名)
平成24年11月 東京スカイツリー見学会実施
平成25年9月 川口機械ゴルフ会(KKG)創立50周年
平成26年5月 (松井勤理事長)