ねじ転造
レーザー加工
ねじ転造とは、外周がねじ状の2個のダイスの間にねじ素材を挟み、ダイスに圧力を加えながら素材を回転させてねじ山を付ける加工であります。 このようにして作られたねじを転造ねじといいます。 転造ねじは切削ねじに比べて、塑性変形を受けているため強度があり、加工能率も高い。またダイスの設計によりMねじやTMねじ等、多種多様な製品が製作可能であり、量産品のコストダウンが狙えます。