第52期4月例会 「講習会」 平成24年4月24日(火)18:30 出席40名
4月24日(火)、組合会館において、社会保険労務士である阪尾進氏を講師にお招きし、「時代の変化と就業規則」と題して例会が開催されました。組合内オープン例会として開催され、また関心度の高いテーマであったようで、会員のみならず、OB・オブザーバー・会員企業の社員の方など40名が出席、会場は満席状態の盛況となりました。講義内容は、賃金・労働時間・労働契約などの基礎知識から、就業規則を作成するときに必ず織り込むべきポイントなど。また阪尾先生の家は元々鋳物工場を営んでいたことも有り、現実に即した内容、実務上からの豊富な事例で、簡潔かつ解り易くご講義いただきました。就業規則は一度作ったものが10年使えるというようなことは難しく、都度改正される法令や、時代にあったものが必要。そして経営側にメリットがあるものを作ることが大切とのことでした。先生には、例会後の懇親会にも出席いただき、講義の延長的な会員の質問だけに終わらず、川口の昔話的な雑談などなど、遅い時間までお付き合いいただきました。(記 監査 江口靖史)
フォトギャラリー